【登山時の持ち物】ザックの中身をご紹介




こんにちは。
『山歩 de CAMP』です。

今回は

  • 梅雨時期の日帰り登山
  • 悪天候になる恐れあり
  • 簡易ビバークも考慮

という条件のもと、登山に行く場合の持ち物を紹介します。

ザックの中身を紹介します(参考までに)

モバイルバッテリー

携帯電話やヘッドライトの充電に使います。
防水のために、ジップロックなどに入れて持ち歩きましょう。

地図

スマホのアプリでも地図を見ることができますが、紙の地図も必ず持ち歩きましょう。
これも防水のために、ジップロックなどに入れて持ち歩きましょう。

応急用品

  • 虫除け
  • 虫刺され
  • 絆創膏
  • 液体絆創膏
  • 伸縮のテーピング
  • 痛み止め
  • 腹痛薬
  • ティッシュ
  • 消毒液
  • ガーゼ
  • アミノ酸

ウォーターキャリー

水を使用後、小さくたためてかさばらないので便利です。

45リットルゴミ袋

ザックの中の防水に役立ちます。
汚れたものを入れておくのにも使えます。

避難時の活用

  • 防寒、雨具になる
  • 水を作ることができる
  • ビバーク時に活用

中に落ち葉、ザック等を入れてマットの代わりに敷くことができます。
濡れないし、保温効果ありです。

ゴアソックス

防水性のオーバーソックス。
靴の中敷きをゴアソックスの中に入れてから履くと、足底の部分がしわにならずに履けます。

ヘッドライト

短3長3短3(短く3回、長く3回、短く3回光る)のSOS信号付きです。
モバイルバッテリーからの充電、充電できる電池での使用も可能です。

手袋

手首の部分を締めることができるものがオススメです。

キャメルバッグ(ハイドロレーション)

歩きながら飲めるので、水分補給が容易です。

エマージェンシーシート

万が一の時のために携帯。(テント型になるもの)
遭難時に広げておくと、上から発見されやすい。

着替え

圧縮袋等に入れて、コンパクトにすると荷物も沢山入るので、オススメです。
ただ、その分重くはなります(^_^;)

バーナー&ガス

ジェットボイルは熱伝導がいいので、お湯がすぐ沸くのでオススメです。

水筒(ボトル)

ゲイター

小石などが靴の中に入るのを防ぐためにあるとよい。

タオル

速乾性のタオルは、コンパクトになる上に、すぐ乾くので便利です。

行動食食料

チキンラーメンはオススメ。
袋なので、かさばらないし、袋の中に直接お湯を入れて食べることが出来ます。

(カップ麺の場合は、カップが割れて中身がでる可能性があります)

行動食にはグラノーラがオススメ。
栄養バランスがいいし、軽い!

ナイフ

レザーマンのwave。
マルチツールナイフ。
色んな場面で使えるので、持っていると役立つことも。

まとめ

今回は、登山時に悪天候になる場合に備えた、ザックの中身をご紹介しました。
山の天気は急変するため、何があるか分かりません。
登山に行くときは、悪天候になった時のことも考えて、きちんと道具を用意をして行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA